リファレンスチェック市場

「リファレンスチェック」とは、 採用予定者の魅力や業務上の評価、職業遂行の能力等について 、以前の職場の上司や同僚、友人などからその人への「照会状」をもらう制度です。欧米やアジア諸国では、多くの企業がリファレンスチェックを行っており、日本でも実施している企業が年々増えていますが、日本ではリファレンスチェックの認知度も低く、ほとんどの企業は採用プロセスに組み込んでいません。

日本では浸透していませんが、国内の外資系企業では実施している企業も多く、将来、日本でもほとんどの会社がリファレンスチェックを導入することが予想されます。経歴詐称問題での企業対応のあり方や、ミスマッチによる損害など、もしリファレンスチェックを採用プロセスに導入していれば問題も防げたのではないかとの見方もあり、企業規模を問わず、導入をしている会社が年々増えてきています。アメリカの場合ですが、70%の採用担当者が候補者全員のリファレンスチェックを実施していると答えています。

よくある質問

質問者
なぜ、企業はリファレンスチェックを行うのですか?

CS
面接では判断が難しい点を、確認するために実施します。さらに採用候補者への理解を深めるためでもあります。書類選考では一旦採用基準に満たないと思われた方でも、リファレンスチェックによる推薦者へのヒアリングにより採用に至ったケースがあります。


質問者
興信所と同じようなものでしょうか?

CS
いいえ、リファレンスチェックは、興信所の身辺調査などとは全く違うサービスです。採用の見込みがある程度高まった求職者の前職での勤務態度や得意とする業務、社員としてのふるまいについて、自分自身が選んだ第三者から評価してもらう制度です。思想や宗教など特定の個人情報に該当する情報の収集は一切行いません。


質問者
oxalisリファレンスチェックサービスの特徴は?

CS
オンラインを使った新しい仕組みを利用した、3万円からの低価格でご利用できるカジュアルなリファレンスチェックサービスです。簡単な手続きだけで短時間に採用候補者の以前の職場での働きぶりや人との関わりなどを再確認するための合理的な仕組みになります。また外国語をご希望の場合、翻訳サービス(有償)もございます。


質問者
リファレンスレターを依頼するのは、メールでも可能でしょうか。

CS
リファレンスレターの依頼は、全てoxalisサービス内からのメールでのやりとりです。推薦者に対しての説明や手続きも明瞭であり、さらに時間の空いた時に確認や手続きができるため、採用企業様、求職者、推薦者相互の利便性を考えたシンプルな仕組みとなっています。


質問者
リファレンスレターの書き方がわかりません。

CS
ガイドに従って、必要項目を記入していただくだけで、短時間でリファレンスレターが完成します。初めての方でもすぐに完成度の高い推薦状を書くことができます。


質問者
リファレンスレターを依頼する際、どのように頼めば良いでしょうか?

CS
採用候補者は、リファレンスレターを依頼する相手に、事前に電話かメールで当社(oxalis)からの照会があることを伝えておいていただくとスムーズです。


質問者
リファレンスレターの受取方法は、どのようになるのでしょうか?

CS
PDF(データ)で受け取ることが可能です。


質問者
自社にあった質問内容にも対応できますでしょうか?

CS
対応可能です。


質問者
推薦者はどのように選ぶのでしょうか?

CS
採用予定者が自身のことを客観的に評価できる前職の上司やお取引様に依頼する場合が多く、遂行力や特性などについて的確なコメントをいただいています。


質問者
推薦者(記入者)の人数は選ぶことができますでしょうか?

CS
最大3名まで可能(Bプランの場合、最大5名まで)、それ以上は応相談となります。


質問者
対象者は日本国内に限りますか。対象者が海外の場合はリファレンスチェックは可能でしょうか?

CS
可能です。(別途費用は必要になります)


質問者
電話インタビュー付き(Bプラン)とオンラインのみ(Aプラン)とでは、どのような成果の違いがありますか?

CS
Aプランは推薦者へのリファレンスレター依頼、インタビュー、評価などすべてオンラインで行います。Bプランは、その資料を元に電話でさらにヒアリングを行います。成果の違いは電話インタビュー付ですと、書けない事や言い忘れたことなども聞くことができるため、より深く人物像を知ることができます。


質問者
他社に比べて、価格が安くても大丈夫でしょうか?

CS
クラウドを利用したオンライン自動サービスだから低価格でのご提供が可能となりました。


質問者
採用候補者が、リファレンスレター(紹介状)を依頼する際、相手には、どのように頼めば良いでしょうか?

CS
採用候補者は、リファレンスレターを依頼する相手に、事前に電話かメールで当社(oxalis)からの照会があることを伝えておいていただくとスムーズです。


質問者
推薦者がリファレンスレター(紹介状)を記述する際に大きな負担はありませんか?

CS
推薦者には基本的にメールでリファレンスレターの作成を依頼します。また、記入項目をわかりやすく並べてありますので、記入は短時間でスムーズに行えます。


質問者
なぜ、第三者(oxalis)に依頼するのですか?

CS
リファレンスチェックを第三者機関に依頼することのメリットは、ヒアリングや内容確認を行う担当者が中立な立場にあるため、公平で率直な意見が聞けることです。


資料一覧

弊社サービス資料ご用意しました。ご検討宜しくお願いします!




リファレンスチェックお申込

リファレンスチェック利用ステップ

人事部、中途採用ご担当者様

貴社の中途採用において、「リファレンスチェックサービス」のご活用はいかがでしょうか?

 

oxalisでは、採用候補者や推薦者に、リファレンスチェックがポジティブな制度であることをしっかりと説明し、納得いただいた上で、事前の許諾と承認を得ますので、不要な誤解によって貴社のブランドや評判を傷つけることがありません。

 

当社サービスの最大の特徴は、リファレンスレターの回収からチェックまで短納期で可能にしたことです(*採用候補者、推薦者の同意がある前提です)。 また、価格もオンラインの仕組みを活用していますので、リーズナブルな価格で提供可能です。

 

これを機会に貴社とのご縁ができることを心より楽しみにしています。末筆ながら貴社の益々のご盛栄を心より祈念いたしております。

サービス一覧